GLOVE ENTERTAINMENT RECRUITING WEB 2018

動画でしか残すことができない”思い”がある。 ビデオ係 安達 弓華

ウエディングをビデオに残すべき理由は?

人生という物語の中でも最も美しく輝く日、結婚式。少しずつ頬が赤らんでいくご新郎様ご新婦様が、手と手を取り合う指輪交換。笑顔が真剣な眼差しに変わる親友とかわす固い握手。普段は厳しい父親の目から、頬をつたい流れる涙。動画には動画でしか残すことのできない当日の“思い”を音と共に納めるチカラがあります。そのひとつひとつのシーンには、お二人にとって大切な意味が込められています。私は、その一瞬を逃さないように撮影し、およそ2時間の映像に編集します。それは、動画でしか残すことができない“思い”が詰まったお二人だけの宝物です。

結婚式の日、お二人はどんなことを感じるのでしょう。残念ながら、動画にはその時心の中で感じた“思い”までは残すことができません。でも、その“思い”を思い返すきっかけになってほしいと思っています。結婚式の日確かに感じた“思い”は、きっとお二人のこれからの人生を支えるものになるはずです。
そしていつか、お二人がおじいちゃん、おばあちゃんになった時、婚礼当日の動画を見て婚礼当日に感じた“思い”を思い返し、その思いをずっと大切にしてほしい、そう思っています。それは動画にしか残すことができないと私は思っています。

スペシャリスト一覧

PAGE TOP